Communication

一三fan.

みなさんからのコメント募集中

小林一三を愛するすべての人へ。氏への思いや掲載記事に関する感想などを、ご自由にお寄せください。

コメントを書き込む みんなの投稿を見る 投稿に関する注意事項

みんなの投稿

ひろてゃんさんより
昔から阪急沿線に住んでおり
阪急グループには、お世話になっております。
学生時代に、阪急電鉄で通学し、車中で
逸翁自叙伝などの書物を読み
一三公の先見性に感化されました。
先日も小林一三記念館を訪問し
感動したところです。
もちさんより
こんにちは!私は以前、少しの間ですが宝塚に住んでいました。その際は毎日のように阪急電車を利用させていただいたり、宝塚歌劇の前を通ったりしていました。今でも、マルーン色の車体を見たり、発車メロディーを聴くと、とても懐かしい気持ちになります。

今でも、阪急電車が大好きで、いつかまた、阪急沿線の街に住むことができたらいいなと思っています。宝塚、大好き!
夢花さんより
特設サイト開設おめでとうございます!!
私が宝塚と出会って約40年になります。
阪急に乗って夢の世界へ行く、あの特別な時間が大好きです。
あまりに好き過ぎて、阪急に乗りたい・すぐに宝塚に行けるという理由で進学も阪急沿線にしたくらいです!
これからも益々のご繁栄をお祈り申し上げます!!
わっちさんさんより
翁がいなかったなら今の私の豊かな人生はありません。
宝塚歌劇に出あわなかったら出会えなかった生涯の友がいます。生涯応援するスターがいます。心のふるさとがあります。愛にあふれています。
感謝しかありません。
どうかそこから宝塚が、阪急が、平和な日本が永遠でありますよう見守っていてください。
みーさんより
私は宝塚歌劇が大好きです。
小林一三先生のことは何かにつけて伺っておりましたが、このほど宝塚音楽学校の合格発表であの喜ばしいニュースを聞き、改めて先生の存在の大きさを思い知っております。
まずは特設サイトのオープン、おめでとうございます!
Naoさんより
2014年末から宝塚ファンになった者です。
一三さんについての本も読ませていただき、テレビ番組で特集された時も拝見しました。
一三さんのアイデアがあったからこそ、今の宝塚歌劇団や様々なものがあることを知りました。
一三さんには本当に感謝でいっぱいです。
かつらぎさんより
こんにちわ!わたしは、7年前まで東宝で働いておりました。入社した動機としては、父が山梨で仕事をしたことがあり、そのときに、ずっと一三翁のお話を聞いていたからです。また、「風と共に去りぬ」を帝劇で6歳のときに母に連れて行ってもらい、ずっと東宝マークのプログラムを見て育ったからです。

というわけで、一三翁の東宝に入社できたときには本当にうれしかったですね!一生懸命毎日仕事に没頭し、おかげさまで、たくさんの映画のヒット作品や、すばらしい監督さん、俳優さん、スタッフの方々、社員の方々と知己になる機会をえて感謝しています。 

いまは退職し、演劇のライターをしています。ジャンルはまたちょっと異なりますが、一三翁の精神「朗らかに清く正しく美しく」の精神を大事にし、すばらしい芝居や映画の世界の魅力を、たくさんの方々に広めていきたいと思っています。

まずは特設サイトのオープン、おめでとうございます!

コメントを投稿する

すべての項目を入力していただき「コメントを投稿する」ボタンを押してください。

ニックネームを入力してください。
メールアドレスを入力してください。

コメントを入力してください。

投稿に関する注意事項

  • 公開は承認制のため、コメントをいただいても承認されるまでページには表示されません。また、承認は随時行っておりませんので、公開までお時間をいただく場合がございます。
  • コメントの内容によって承認できない場合もございます。その際は投稿いただいた内容を削除致しますので、予めご了承ください。
  • 入力いただいたニックネーム、コメントは公開の対象となります。公開を希望しない個人情報などは、入力しないようにご注意ください。

コメントありがとうございます。

コメントありがとうございます。
コメントは承認制を導入しております。掲載までに数日かかる場合もございますので、予めご了承ください。

公益財団法人阪急文化財団