60/100

記事公開中

掲載記事は随時更新中です。2018年3月までに100名の記事を公開予定です。

CATEGORY

文芸

よしや のぶこ

吉屋 信子[1896-1973]

1936年 吉屋信子の新邸を訪ねて

小説家。

 1920年、吉屋信子は『地の果てまで』が新聞の懸賞小説に当選し、選者であった徳田秋声と知遇を得る。その徳田秋声を案内して宝塚少女歌劇の東京公演を見に行くと、幕間の廊下で小柄な老紳士が、秋声に声を掛けてきたという。それが小林一三であった。歌舞伎座での宝塚少女歌劇の東京公演は、1928-30年の間。1928年、吉屋信子は1年近く欧米を旅行しているので、この一三との出会いは1929年か1930年の事。
 「それ以来、小林氏は私をその少女歌劇のPR用に利用(?)した。永田町の東京邸へ招いて当時のスター葦原邦子と対談というようなことがはじまり、やがて私は遠く宝塚にまで呼ばれて、お利口で美しいスター連に囲まれたり、その養成所の学校を参観させられた。そのお礼ごころかどうか、時々私の小説を読んだ批評を大阪の本邸雅俗山荘から寄せられたり、古代裂の袋入りの小さな古鏡などを贈られた。」(吉屋信子「小林一三」『大人の本棚 私の見た人』みすず書房、2010年)
 写真は、1936年、吉屋信子の新邸を訪問した小林一三。小説家の長谷川時雨による随筆に、一三が吉屋の新築の家を絶讃した、という下りがある。「私は、隨分澤山好い家を見てゐるが、その私が褒めるのだから、實際好い家なのだ。たいがいの家は、茶室好みか、もしくは待合式なのかだか、吉屋さんの家はいかにも女性の主人で外國の好いところも充分にとり入れてある」(「家」『文藝春秋』1938年6月)
 一三の没後、編纂された『小林一三翁の追想』にもこの写真が収録された。この本を贈られた吉屋信子は、「巻頭にたくさん掲げられた写真のなかに、昭和十一年に私の家を翁が訪問された日のおもかげがある。その家が戦災で灰になった時、こうした思い出の写真も失せた」と、懐かしんでいる。

かわむら きよお

川村 清雄[1852-1934]

画家。

 慶應義塾への入塾に、小林一三が東京で初めに投宿したのは、親戚の小林近一の家だった。九十五銀行の頭取を務めていた小林近一は、趣味も豊かで、一三の良き理解者となったようだ。また、近一の子、泰次郎は、一三より年下であったこともあって、一三を兄のように慕ったという。
 一三の没後に刊行された『小林一三翁の追想』に、泰次郎も「不労不止」なる一文を寄せる。その文末で、本の編者が小林泰次郎の事を紹介しており、一三に関連する事業を補佐した事の他、文化面にも明るく「洋画家でもある。」とする。そして「絵は川村清雄に学び、一時は一三翁も共に学ばれたことがある。」とも記している。実際、小林泰次郎の作品として、数点の油絵が世に知られている。他方、小林一三が油彩画を学んだ事があるかどうかは定かではないが、確かに川村清雄の作品が逸翁美術館に所蔵されている。額装の「油絵静物図」(写真)や「狐の嫁入図」、そして短冊に描いた小品「油絵草花図」である。
 明治洋画の先駆者の一人として数えられる、川村清雄。1863年、開成所の画学局で西洋画法に出会い、その後、ヴェネツィアなどに留学して正統的な西洋画教育を受けた。しかし帰国後は日本画的な画題や表現を取り入れ、独自の画風を形成する。1885年、麹町区(現、千代田区)に画塾を開いて弟子たちに教え、1889年以降、明治美術会に参加するなどの活動が知られる。
 小林一三が東京に出たのは1888年。泰次郎を通じて、青年一三の耳にも川村清雄の名が聞こえていた事だろう。

かぶらき きよかた

鏑木 清方[1878-1972]

日本画家。文化勲章受章者。

 写真は、鏑木清方筆の絹本著色画「八幡鐘図」。逸翁美術館の所蔵品である。神田に生まれた清方は、東京の下町風俗や当世風の美人を情緒豊かに描いた。1901年には仲間の画家らと烏合会(うごうかい)を結成。その年の第2回展から課題が設けられ、最初が「東京15区」であった。清方はこの「八幡鐘ー深川ー」を出品。尾花屋の提灯を下げた茶屋の女が、暁の鐘の音の中を急ぐ姿を描いた。「八幡鐘(はちまんがね)」は、江戸深川、富岡八幡宮で打たれた時の鐘。明け六ツ(卯ノ刻)日の出の30分前。遊里辰巳の里に近く、男女の後朝(きぬぎぬ)の別れを連想した。この年の12月、小林一三が7円で本作を買った事を、鏑木清方は随筆『註文帳のぬきがき』に記している。
 一方、小林一三の日記には、1902年3月の条に「鏑木清方画伯(?)を訪フテ一枚注文した」と見える。一三が三井銀行にいた頃、若干29歳の事である。清方への依頼は、この後も続いたようである。明治時代後半からの大名家の売り立てなどにより、伝来の古美術に高い値段が付けられ始めていたのに対し、「新画」と呼ばれた同時代の画家達の作品は、まだ青年一三にも手に届く範囲にあった。
 逸翁美術館には、鏑木清方が小林一三に宛てた手紙も遺る。清方なじみの美術店が「出張展覧会を開くことゝ相成」ったと知らせ、「御なじみの大兄に御頼み申し 何かと恐縮至極の儀に御座候 何かと御引立を御願申上候」と援助を依願している。ツタと松葉との刷り柄を下絵とした巻紙に、ていねいに認められた筆致からは、清方の一三に対する敬慕の念が偲ばれる。

きくち かん

菊池 寛[1888-1948]

1932年、座談会にて。右から二人目が菊池寛

小説家、劇作家。文藝春秋社を創設。

 1920年、「劇作家協会」を組織するなど、演劇界の牽引役を担った菊池寛に対しては、小林一三も一目置いていた。宝塚歌劇の広報誌『歌劇』にも、一三自身が「菊池寛先生へ」(77号、1926年)と題した一文を載せ、「菊池先生のやうな人が私の理想としてゐる国民劇の事業に注意してほしいものだ」と率直に綴っている。また、『歌劇』のこの後の号では、「菊池寛氏の宝塚観」(113号、1929年)として、わざわざ『中央公論』に掲載された菊池の文章を抜粋して載せている。ここに引かれているのは、『モン・パリ』などのレヴューに対する菊池の所見である。その中には「ある新しい形式美と情緒とを日本の劇場に創り出した」などの褒め言葉と、「レヴュウは、今まだ流行小唄と同じ程度に低級で卑俗」などの辛辣な評価との両面が見られる。一三も、こうした菊池の見解に一喜一憂したに違いない。
 小林一三自身、元来、文学青年であった事もあって、文化人としてのフィールドを菊池寛と共有する面が多かったようだ。日劇や帝劇を差配した秦豊吉は、『文藝春秋』の座談会で菊池寛が小林一三に紹介した。 文藝春秋社で菊池の傍らにいた佐佐木茂索は、一三にも見込まれて東宝に関わる。また、編集者であった古川ロッパは、小林一三と菊池寛とから個性を認められて、俳優への道を歩み始めた。その他にも、二人がともに支援した文化人の数は多い。
 1948年3月6日、一三は、菊池の死をラジオ放送で知った。「惜しき人なり。変りゆく世相に当面し、指導性を持つ彼の存在は必ず国家の為め立派に役立つたであらうといと惜しき事也。」と日記に記している。

よさの あきこ

与謝野 晶子[1878-1942]

歌人、作家。

 小林一三が才を見込んで支援した作家の一人に、与謝野晶子がいる。与謝野晶子と夫の与謝野鉄幹とは「歌行脚」と称して、しばしば各地を訪問した。1917年5月から7月にかけては、関西及び九州の各地に滞在する。宝塚にも立ち寄り、一三とともに、宝塚少女歌劇(宝塚歌劇)を観劇した。講演が終わって、一三は用意していた扇子を差し出し、晶子に染筆を依頼する。「かろやかに夕月かゝるみそらより こしごと君はたゝずめるかな」(『さくら草』所収歌)写真の扇がこの時の品の一つである。
 数日後、一三は与謝野夫妻を自邸に招待し、その年の4月に購入したばかりの上田秋成他筆「源氏物語短冊貼交屏風」を披露した。晶子はこの屏風に感銘を受けて、後に自ら詠んだ「源氏物語礼讃歌」短冊(逸翁美術館蔵)を一三に贈っている。この礼讃歌は、源氏物語の各帖を詠み込んだ、晶子による54首の和歌の連作であった。同作に添えられた晶子の手紙には「いつか自分もあのようなものを作りたいと思った」と述べられ、そして「私の死後、遺稿集でも出すときに入れて欲しい」と記されていた。
 1935年、夫の鉄幹が没すると、たくさんの子どもを抱えた晶子は、家計の遣り繰りに追われた。1936年11月、一三に送られた手紙では、晶子が生活の困窮を吐露し、鉄幹が遺した絵画の買い取りを願っている。五女が結婚する費用を、何とか捻出しなければならない事情があった。アンドレ・ロートの風景画1点、梅原龍三郎の裸婦画2点を計1,500円で「さる絵おひきとり下さることかなふまじく候や」と持ち掛けつつも「火の出づるごとく恥ぢ入り」と、思い悩んだ様子も伝わる。一三は快諾したらしく、晶子の礼状が届いている。この時のものと思われるアンドレ・ロートの風景画が、今も逸翁美術館に所蔵される。

くるしま たけひこ

久留島 武彦[1874-1960]

児童文学者。

 大分に生まれた久留島は、雑誌『少年世界』に投稿し、巌谷小波(いわやさざなみ)に認められた。子どものためのお話しを語り聞かせる「口演童話」を全国に展開し、「お伽倶楽部」を組織した。日本最初の女優、川上貞奴らの劇団が「お伽芝居」を始めると、巌谷とともにこれをプロデュースし、好評を支えた。大阪でもお伽倶楽部が発足し、1907年には素人劇によるお伽芝居が大阪で初めて上演される。1914年から宝塚少女歌劇の公演が始まり、人気を博した理由の一つには、久留島らの児童文化活動による下地の醸成があったのだろう。
 その行動は精力的で、1924年には、童話作家アンデルセンの没後50年を前にデンマークを訪れ、アンデルセンの偉大さを訴えている。デンマークのメディアは、久留島を「日本のアンデルセン」と呼んだ。没後には(公財)日本青少年文化センターより「久留島武彦文化賞」が創設され、現在も青少年の文化振興に功績のあった個人・団体に贈られている。
 小林一三は、1953年、宝塚で久留島武彦に会っている。日記には「お伽芝居の先覚者として彼の今尚壮健なるを喜ぶ。戦時中奈良に疎開して今は奈良にお茶室を作つて余生を喜んでゐるとの話、昼飯を共にして私は新芸座に、彼は歌劇に別れ別れに見物した。」との記載が見える。写真もこの時のもの。

きたおおじ ろさんじん

北大路 魯山人[1883 - 1959]

北大路魯山人(右端)と

篆刻・料理・作陶など、多才な芸術家。

 茶道に造詣が深かった小林一三は、魯山人が頭角を現した昭和初期から高く評価していた。「陶器でも絵でも、魯山人の持つ独自天才的の閃きが開展せられるとき、私は彼の作品に魅せられて、これを謳歌してゐるのである。」と、魯山人の芸術性を認めている。
 1937年、一三は「染付開扇形香合」の修理を魯山人に依頼し、1943年には魯山人が神奈川県鎌倉市の窯に一三を招き、一三の自作茶碗を一緒に焼くなどという話もあった。大阪梅田の阪急百貨店では、魯山人の作陶展を度々開くなどして、一三は魯山人を応援していた。
 ところが、魯山人に対する期待が大きいものであったからか、余計に厳しい批判を投げかけてしまうこともあったようだ。1940年、阪急百貨店の美術雑誌『阪急美術』に、前年に東京で見た魯山人小作品展が期待外れで「一寸憂欝になる」と書いている。1943年10月、阪急百貨店で催す「魯山人先生の近い作に親しむ会」の広告を、同店の美術雑誌『美術・工芸』に載せた。けれども、ここに書かれた「小林逸翁も『時節柄、どんなよいものでも高くてはいかん。世話人とよく相談して、少しでも安く売るやうにし給(たま)へ。それなら僕も大賛成だ』といつてゐられました。」との文言に、魯山人は気分を害した。一三に抗議の手紙を寄せ、「甚(はなは)だ不愉快に存じ候(そうろう)。小生に対し分不相応に高いを非難せらるゝの意乎(か)。」と、自分の作品が不当に高いのか、と迫っている。
 美術品が高額なものとなって、一般の愛好家から縁遠くなることには批判的だった一三。質の高い美術品は高くて当然とした、魯山人の自負とは折り合わないところもあった。

むらおか はなこ

村岡 花子[1893 - 1968]

東京文化会館開館式に着席する村岡花子(前列左端)

翻訳家・児童文学者

 小林一三が東京に創った 文化施設の一つに「東京婦人会館」があった。1938年、東京有楽町の日劇5階に「婦人が婦人のために知識と教養を高める機関」を開設する。活動の中心となったのは、村岡花子・吉屋信子(小説家)・吉岡彌生(東京女子医科大学創立者)・市川房枝(婦人運動家・政治家)ら女性文化人達であった。
 会館には、講堂・音楽室・図書室、そして茶室や食堂も備えられた。華道・茶道、日舞・謡曲、洋裁・和裁、ピアノ・コーラス、短歌・俳句などの講座が開かれ、現在のカルチャーセンターの先駆けとなる。知的教養のための講演会・講習会、体位向上のための行事や運動設備の充実、法律・結婚・保健・育児の相談なども催され、若い女性を中心に3,000 人に近い会員が集まった。
 1940年には有楽町駅に近い東宝会館へ移り、働く婦人のための夜間部も設けられた。しかし戦局が厳しくなり1943年に解散。女性の知的向上心を汲み取り、稽古事から因習を取り去り、さらに働く女性にも時間を提供して、女性の意識改革に貢献した。
 1955年、東京大手町の産経会館内に、産経新聞社の協力で「東京婦人会館」が復活。村岡花子が学園長となって1956年「東京婦人会館付属学園」と改め、翌1957年には「産経学園」として独立した。