阪急電車・阪急百貨店、そして宝塚歌劇に東宝。多様なビジネスを展開して、現代の私たちの豊かなライフスタイルを生み出した小林一三(1873-1957)。
このサイトでは、小林一三の生誕150年を記念する各種行事や催しの情報をまとめて紹介します。

生誕150年展 小林一三 — 東京で大活躍!
「宝塚歌劇・東宝を創った男」

本展は終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

小林一三生 誕一五〇年展 — 東京で大活躍 —

阪急電車・阪急百貨店、そして宝塚歌劇に東宝。多様なビジネスを展開して、現代の私たちの豊かなライフスタイルを生み出した小林一三(1873-1957)。その一三が東京でも大活躍したことは、少し忘れられかけてしまっているかも知れません。1934年に東京宝塚劇場を開場させ、演劇・映画の東宝に発展させたのは勿論のこと、後楽園球場(現、東京ドーム)を造ってプロ野球を盛り立て、帝国劇場を買い取って一大文化センターに成そうとします。あるいは第一ホテルの開業を指導し、また阪急百貨店を銀座に進出させました。さらに東急の創業を助け、東京電燈(現、東京電力)の合理化に尽力し、政界でも認められて戦災復興院の総裁をも務めました。
本展では、小林一三の生誕150年に因んで、東京での事績を100のエピソードで綴り、写真や資料・映像などとともに、その大活躍ぶりをご紹介します。

  • 会期:

    2023年10月7日(土)〜11月5日(日)
    本展は終了いたしました。

  • 会場:

    日比谷シャンテ3階 特設スペース
    (東京都千代田区有楽町一丁目2番2号 東宝日比谷ビル)

  • 時間:

    午前11時~午後8時(日比谷シャンテ営業時間内)

  • 料金:

    観覧無料

  • 主催:

    東宝株式会社
    阪急阪神ホールディングス株式会社
    阪急電鉄株式会社
    エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社

  • 協力:

    公益財団法人阪急文化財団

  • 小林一三による東京での事績を、①宝塚歌劇・東宝 ②ホテル・百貨店等 ③東急・東電・政務等の3つのテーマに分けて、それぞれの事業の始まりや著名な人物との関わりを100のエピソードで綴り、写真等とともにパネル展示。
  • 映像コーナーを設け「宝塚少女歌劇 日米親善芸術振袖使節一行」(1939年)等を連続上映。
  • 宝塚歌劇を象徴するミニステージ、東宝を象徴する初代ゴジラ像を展示し、お客様が舞台や映画の世界に入って一緒に写っていただけるよう、フォト・スポットを設置。

東京一〇〇トピックス

展覧会・コンサート情報

逸翁美術館

2024展I 小林一三生誕150年

The コレクター逸翁
~その収集に理由アリ~

  

期間:2024年1月20日~2024年3月17日

マグノリアホール

阪急文化財団が贈る 未来へ、TAKARAZUKA!! !

逸翁コンサート100!!!髙汐巴
~Printemps rose~
~帰ってきたタカラジェンヌ~Vol.100

公演日:2024年2月24日・25日